ウイルス対策として粘膜免疫を高めましょう

強い感染力から新型コロナウイルスが現在社会的な脅威となっています。有効なワクチンや特効薬がないため、ウイルスに接触しないように日常の生活に気を付けるとともに、周囲のウイルスに対する免疫力を高めることが大切です。

実は、私たちの周りの空気中や体の表面そして家具などの表面には,無菌室でもない限りウイルスや細菌、そして、ほこり、花粉などの異物が少なからず存在しています。そして、口などを通して体の中に入ったウイルスや細菌などは体内の粘膜の細胞の表面から絶えず体内侵入しようとしているのです。

近年の研究で、そのような病原体が体内に侵入するのを防ぐために、口の中ような粘膜組織には独自の免疫システムがあることがわかってきました。それは、体内のリンパ球などの免疫細胞による免疫システム(全身系免疫)とは独立したシステムで、粘膜そのものが免疫組織であり、粘膜免疫と言われています。

粘膜免疫では、口などから入ったウイルスや細菌が粘膜に付着すると、付着した粘膜近くのリンパ組織を介して、ウイルスや細菌の侵入を阻止する物質(分泌型IgA抗体)を分泌し、素早く病原体を攻撃します。また、同時に全身免疫に情報を送ります。

さて、病原体が粘膜免疫を破って体内に入って、増殖してしまうと感染という状態になります。体に侵入したウイルスや細菌に対しては、第2段階の全身免疫が病原体を食べたり、壊したりするように働きます。その結果として、高い発熱や咳、鼻水などのつらい症状が現れます。

当然ながら、ウイルスや細菌が体内に入って増殖してしまう前に最初のバリアである粘膜免疫で病原体を撃退したいものです。

しかし、せっかくの優れた口の粘膜免疫も、口の中が汚れていてはその効果が十分に発揮できません。口の中が不衛生になり、細菌が増えてしまうと、一部の細菌が産み出す物質(プロテアーゼ)が、粘膜の防御機能を破壊してしまうことがわかっています。

65歳の高齢者を対象に、普通に歯磨きをしたグループと歯間ブラシなどを使って念入りに口腔ケアを行ったグループを比較した研究では、しっかり口腔ケアを行ったグループの方がインフルエンザの罹患率が10分の1以下だったそうです。

数日前WHOから、マスクには新型コロナウイルス予防効果ない(咳によるウイルスの拡散を防ぐが…)との発表がありました。世界的なマスク不足のパニックに陥らないようにするために配慮した声明だと思います。

しかし、口の中を乾燥させてしまうと、口の細菌が著しく増加します。加えて、口の中が乾燥した状態では、粘膜の免疫力をとても低下させてしまう危険性があります。マスクにより口の中の乾燥を防ぐ効果は広く認められているわけですから、マスクの効能は無視できません。

ですので、手洗いを徹底するとともに、ウイルスの脅威から身を守るはたらきのある粘膜免疫をアップさせるために、しっかり口腔ケアを行い、外出の際はマスクをつけて口の中の保湿を行うようにしてください。

抗体のイメージ

以上、当院のブログ ”あんしん歯科情報+α” より引用

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク