注射で骨の大きさを増やす方法が開発される

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科硬組織薬理学分野の青木和広准教授の研究グループは、京 都大学再生医科学研究所と米国 Cedars-Sinai 研究所との共同研究により、これまで困難とされてきた口の中 への注射により、顎の骨を造成させることに世界で初めて成功しました。

この研究のポイントは

①ペプチドと骨形成因子を組み合わせた薬剤の注射により、手術を行わずに顎の骨を増やす方法を マウスで開発しました。

②注射した部位において骨形成に関与する遺伝子の発現誘導と骨造成を確認しました。

③このような患者に負担の少ない骨造成法は、将来、歯科臨床への応用が期待されます。

(以上、東京医科歯科大学プレス通知資料より,2016/3/22)

将来的には、顎がやせてしまって義歯が難しい患者さんや、インプラント治療を受けたくても顎の骨が少なくて治療が困難な患者さんにとって朗報となることが期待されます。

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク