歯周病と関節リウマチの関係

近年、歯周病と関節リウマチの関係が注目されている。

関節リウマチ患者の約8割の血液中には、抗シトルリン化蛋白抗体(抗CCP抗体)という、シトルリン化反応を経たタンパクを認識する抗体が検出される。この抗体はしばしば関節リウマチの発症に先立って検出される。また、歯周病きんの一つであるポルフィロモナス菌がシトルリン化を起す酵素を産生する細菌であることも報告されている。そのため、歯周病の罹患が、この歯周病菌のもつシトルリン化酵素による過剰なシトルリン化を介して、抗CCP抗体の産生を引きお越し、関節リウマチの発症につながっているのではないかと考えらるようになってきた。

京都大学医学部附属病院歯科口腔外科の別所和久教授と同院リウマチセンターの橋本求特定助教らの研究グループは、健常人の約1.7%に、関節リウマチを発症していないにもかかわらず抗CCP抗体の産生が確認され、この抗体の有無や力価と歯周病の臨床評価が有意に相関することを発見した。また、初診時に歯周病を持つ関節痛患者は、歯周病を持たない患者と比較して、関節リウマチと診断されるリスクが約2.7倍高くなることを発見した。

今後のさらなる研究が期待される。

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク