動脈硬化に関わる脂質代謝異常に歯周病が関連

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科歯周病態学分野の工藤値英子助教、前田博史准教授、高柴正悟教授の研究グループは、東京都と千葉県の開業医(歯科医師と内科医師)のコンソーシアムと共同で臨床観察研究を3年2ヵ月間行い、平均年齢60歳の男女各45人(計90人)の歯周病状態を臨床観察と歯周病の原因細菌の一種であるポリフィロモナス ジンジバリス菌(Porphyromonas gingivalis)の感染度を血液で検査。同時に、動脈硬化の状態を超音波検査と動脈硬化に関わる血液中の因子の検査を行いました。

 

 その結果、ポリフィロモナス ジンジバリス菌に対する免疫グロブリンGの値が高い患者では悪玉コレステロールである低比重リポタンパク(LDL-C)の値が高いことがわかりました。

 LDL-Cは、高脂血症を含めた脂質代謝異常症に関わるもので、動脈硬化が起こる際に血液中の量が増加することがよく知られています。動脈硬化になると、頸動脈の内膜中膜複合体厚(IMT)が大きくなります。一方で、マウスへ歯周病細菌を感染させるこれまでの実験において、脂質代謝異常症が起こってLDL-Cの値が高くなることが報告されてきました。また、口の中にポリフィロモナス ジンジバリス菌が多いとIMTが厚く、歯周病治療によってポリフィロモナス ジンジバリス菌が減ると厚かったIMTの厚みが減少したという臨床研究もあります。


 今回の研究は、歯周病の病状を血液検査によって得たポリフィロモナス ジンジバリス菌の感染度で捉え、動脈硬化に関連するLDL-Cの値に関係するということを示した初めての研究になります。すなわち、真のエンドポイントである歯周病重症度と動脈硬化を直接に調べるのではなく、間接的に調べた抗体価とLDL-C{これらはバイオマーカー(生物学的指標)に相当}をサロゲートマーカー(代用マーカー)として用いて間接的に調べています。

<見込まれる成果>
 これまで歯周病が影響を与える疾患として、動脈硬化、心血管障害、糖尿病などが考えられてきました。本研究成果によって、ポリフィロモナス ジンジバリス菌の感染度を血液で検査することの有用性が示されました。今後、本検査方法を用いて歯周病との関連を調べることで、これらの疾患の原因解明につながると期待されます。また、歯周病(成人のほとんどが罹っている)の重症度を調べる検査指標として使用することで、これらの疾患に対する適切な治療を行うことができます。

(岡山大学プレスリリース http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id221.html より

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク