【緊急】読売新聞:日本の歯科院内感染対策事情の記事を読んでご心配の方へ

全国の歯科医療機関の半数近くが、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかった。使い回しが7割弱だった5年前の調査に比べて改善したものの、院内感染のリスクが根強く残る現状が浮き彫りになった。

調査は、ドリルを取り付ける「ハンドピース」と呼ばれる柄の部分の管理について尋ねたもの。治療時に口に入れるため唾液や血液が付着しやすく、使い回せば細菌やウイルスを次の患者に感染させるリスクがある。日本歯科医学会の指針は、患者ごとに機器を交換し、高温の蒸気発生装置で滅菌するよう定めている。

 

jjj   

(以上、読売新聞2017年7月2日の記事より抜粋)

 

読売新聞の記事を読んで、日本の歯科の感染対策の実態が諸外国に比べて極めて遅れている事に驚かされました。世界第三位の経済大国(後進国ではありません!)である日本がこんな状態だとは信じられない、と感じられた方も多いのではないでしょうか?

当院では患者様に安心して治療を受けていただくために、以下の様に全スタッフで院内感染防止対策に取り組んでいます。

当院の滅菌に対する徹底した取り組み

① 院内に医療安全委員会と院内感染対策委員会を設置して、スタッフ全員で院内感染対策のための研修と討論を頻繁に行い、研鑽と実行を積み重ねております。

② 現在考えられる最高レベルの滅菌システムを使用して、全ての医療機器の滅菌を行っています。以下はその流れの一部です

aaa 

KaVo社製QuattroCareに、水洗+洗浄されたハンドピースを装着

bbb 

KaVo社製QuattroCareは自動的に感染や故障の原因となるタンパク質などの汚れをすみずみまで確実に洗浄・注油します。

iii 

全てのハンドピース類を滅菌パックににて包装

ggg 

ヨーロッパ基準の最高クラスの高圧蒸気滅菌装置(MELGA社Vacuklav B+)にて全ての細菌とウイルスを確実に滅菌します。

eee 

滅菌されたハントピース類を、滅菌パックにて使用するまで保管

ccc 

滅菌されたバー(歯の切削器具)類を滅菌パックにて保管

hhh 

滅菌されたファイル(歯根の中の治療器具)類を滅菌パックにて保管

 

 

    

 

 

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク