チーズには虫歯予防の効果あり

歯の腐食が進むのは、口の中が酸性の状態の時。チーズは口の中のアルカリ性を強めて歯の腐食を防ぐうえ、歯の表面に保護膜を形成することで、虫歯予防に期待できる働きがあることが、アメリカの研究機関・Academy of General Dentistryが行った調査で明らかにされました。

実験では、12歳から15歳の68人の子どもたちを3つのグループに分け、まず各グループの歯の表面に付着している歯垢のpH値を測定。そしてそれぞれチェダーチーズ、無糖ヨーグルト、牛乳を飲食してもらいました。その後口をゆすいでもらい、歯の表面に付着している歯垢のpH値を実験10分後、20分後、30分後と測定。値の変化を調べました。

その結果、ヨーグルトと牛乳を摂取した子どもはpH値に変化が見られなかった一方で、チーズを食べた子どもは食後だんだんとpH値が高くなりました。これはつまりアルカリ性が強まっているということです。

研究者の意見では、チーズはpH値を調整する唾液の分泌を促進するため、アルカリ性が強まるのではないかとのこと。さらに、チーズを食べると歯の表面に保護膜が作られ、歯のエナメル質が腐食するのを防ぐ効果もあるとのこと。

チーズは乳製品のなかでも最も糖質が少ないため、夜食としてはダイエットと虫歯予防の両面から好ましい食べ物と言えます。

参考資料:http://www.dailymail.co.uk/health/article-2336850/Forget-gum-Eating-CHEESE-prevent-tooth-decay-neutralises-acid-mouth.html

 

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク