口腔インプラント学会が東京で盛大に開催されました

本院の院長(井汲憲治)が副大会長を務めます、公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会(2014/9/12-9/14)が東京国際フォーラム(有楽町)において盛大に開催されました。

発表演題数は300題を超え、一般演題の他に、特別講演およびシンポジウムがそれぞれ3つあり、参加者は過去最高の4,500名となりました。

9/13(土)には、東南アジアでの国際会議の後のお忙しい中、下村博文文部科学大臣には ”2020夢ビジョン日本” というタイトルで講演していただきました。

講演の中で、大臣は日本の科学技術の競争力の重要性を説かれ、文部科学省の海外留学推進の取り組み、そして歯科医学・教育の今後の在り方などについての幅広い内容で講演されました。

また、市民の皆様が参加された9/14(日)の市民公開講座においては、認知症の現状と歯科とのかかわりあいについて、認知症の第一人者の本間先生、大久保先生(日本歯科医師会会長)、簗瀬先生(大会長)にお話いただきました。

講演者の先生方、会員の先生方のお蔭で、学術大会が成功裏に開催できましたことを、ここに御礼申し上げます。

shimomura

”2020夢ビジョン日本”を講演される下村博文文部科学大臣(9/13)

 

 

 

 

PAGETOP 個人情報保護方針 このサイトについて リンク